忍者ブログ
試合結果報告
[60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [49
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

京都産業大学 vs  大阪産業大学
12-6

得点者
#11 奥山×4
#1 西田×3
#14 三井×2
#8 河野
#74 小寺
#55 米田

starting member
Position Name Number Year
天羽一真 #21 3
DF 井上晋 #40 4
  増田啓 #17 4
  岩澤巧 #6 3
LMF 谷川大介 #66 4
  島尻佑亮 #89 3
MF 野崎将太 #4 4
  小寺信也 #74 4
  河野尚紀 #8 4
  高橋祐貴 #9 4
  西山尚憲 #10 4
  仲井琢磨 #22 3
F.O 村井浩樹 #73 3
AT 三井恭平 #14 4
  奥山龍太 #11 4
  西田憲二 #1 3
       

reserved member
Position Name Number Year
西谷陽平 #12 4
  竹端信仁 #26 2
DF 足立直弥 #50 4
  大塚慎太郎 #2 2
  田村聡太郎 #78 2
MF 山口裕貴 #23 2
  岡留克哉 #16 2
AT 荒木啓二朗 #51 3
  米田大裕 #55 3

comdition
「やるか、やられるか」
みなさんはこの言葉を覚えているだろうか?
そう、2か月前。リーグ第一戦でTR福島さんが言った言葉。
今日勝てばFinal3出場決定が決まる
京産の戦士達はこの切符を掴むために 
各自、この先生きたであろう寿命を10年縮め
エンポリオテンションホルモンを打ち、試合に挑む
夕暮れの浜寺グランド 15時 face off
(ちなみに#88入澤は高熱のため無念の欠場)

1Q

制したい京産であるが、
開始2分いきなりカットプレーから失点してしまう。
しかしすぐにエース三井のショットが刺さり,追いつき
その後、お母さんが「奥山家のホームビデオ」を撮っている中、
#11奥山のアリウープみたいなカットプレーで得点
さらに代名詞であった明るい髪を黒染めした#1西田が決め
いきなり2009年最強AT陣3人が魅せる
その後も三井のラストパスから奥山がまたも得点し
OFから試合のリズムを作りだす
序盤はブレイク合戦の傾向が見られたが、
DF面は、謎の女子が応援しに来ていた#40井上を中心とした
堅実な対応で見事に抑え込む

score 4-1

2Q
Q開始早々から西田が立て続けにゴールを奪い早くも3点目を決める
ここで勢いに乗っていきたい京産であるが
相手のエースMF四至本の積極的なOFに対応できず2失点してしまう
取られたら取り返えしたいところであるが
マイケルジャクソン教の野崎がクリース前で激プッシュをくらいながらも
ゴールを狙うがなかなかゴールネットを揺らすことはできない
しかしD陣がその後踏ん張り、相手ATにボールを持たせれば
#17増田の重ーいチェックでボールダウンを誘い
最近3回生の間で彼女ん家に入りび立っていると噂される#6岩澤が
要所要所でパスカットを狙うという、いやらしいDFをみせる

score
7-3
 
3Q
夕暮れの西日が眩しくなってきた所で試合も折り返しに入ると
三井のショットで追加点を奪うと
その流れから1秒間に3回チェックを打つ男こと#66谷川がクリース前で
見事な得点シーンを作り出すが、惜しくも得点には至らず
浜寺グラウンド中にため息がもれる
その後またも四至本から失点し点差を詰められるが
ハーフタイムであの驚異のキープ力はイリーガルではないと判定された
奥山が本日4点目を決め勢いに乗る
さらに#8河野のパワプロのピッチャー強襲並みの
ゴーリー強襲のミドルで押し込み点差を広げる
DFではブレイクから非常に危険なシーンがあったが
#89島尻の気持ちのこもったダイビングチェックの上、下、Aボタンで
コマンド成功し浜寺を沸かすのだった

score 10-4

4Q
ついに試合も大詰めの第4Q突入
京産は三井のシュータースイッチが入り、ショットの嵐を打つが
前年度ユース選手のG木村の前に止められる
またこのQは新しい顔ぶれの選手も多数、出場し
その中でも「早く点決めたい」とシャワー室でいつもボヤいていた
#55米田が1on1から得点し、ま隙っ歯の口から満面の笑顔と
気持ちの悪いガッツポーズをみせる
また、好調のG天羽に変わってついに登場したのが#12西谷、
その瞬間、応援団から大歓声が送られ、ベンチでは村井が騒ぎ出す
この歓声に後押しされるかのように、
汗をかいてもイケメンの匂いがする#74小寺が
鮮やかなバウンドショットを決める
しかしQ終了間際に相手の#49大屋敷から
キレのあるランシューを決められ点差を縮められるが、
その直後に試合終了のホイスッルが鳴り響き
final3出場の切符を手にする

score
12-6

AT #11奥山
チーム最多4得点をあげる活躍。リーグ終盤からの
上がり調子っぷりは恐ろしい。進化し続けるこのお方に
次回も期待がかかる

DF #6岩澤
システムをどこまでも理解した京産DFの頭脳
パスカット、スライド、ネクシャに加え、
ロンパ精度も高く幅広い活躍をみせた


Next Game

再びFinal3の舞台に戻ってきました
相手は関西学院大学です
11月7日ファイナル準決勝
13時30分@舞洲芝面
お忙しいとは思いますがOBならびに関係者の皆様応援よろしくお願いいたします。

あと2勝で関西制覇

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Calendar
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Coment
[09/12 ヤマダ課長]
[09/05 むらた]
[09/01 むらた]
[01/25 Sesso]
[01/25 Sesso]
Ba-Co-Do
忍者ブログ [PR]