忍者ブログ
試合結果報告
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

京都産業大学 VS 近畿大学

       5-1

      得点者 

     #55米田×2
       #74小寺
      #51荒木
      #22仲井



Starting Member

Position Name Number Year
G 天羽一真 #21
DF 岩澤巧 #6
  井上晋 #40
  増田啓 #78
LMF

足立直弥

#50
  谷川大介 #66
   木戸口健太  #19  
MF

河野尚紀

#8 4
 

野崎将太

#4 4
 

小寺信也

#74
 

巴山博貴

#98
  入澤貴章 #88
  仲井琢磨 #22
  村井浩樹 #73
  井上展嘉 #15
  岩崎祐磨 #83
       
AT

西周吾

#32 4
 

荒木啓二朗

#51
 

米田大裕

#55 3



 


Reserved Member

Position Name Number Year
DF

髭達郎

#69
AT 岡留克也 #16
  大原章寛 #99 2
       


          1Q
      
   心配であった天候にも恵まれ二件茶屋にて14;00Face off
   試合開始後両チーム大きな動きがなく攻守交替の場面が続く
      先に試合を動かしたのは京産
#4野崎の1ON1からクリース前にフリーで飛び出した#74小寺にダイレクトパス
    それを小寺が確実に決め先制点を決める
   その後京産はGB時のファイヤーミスから近畿大学に1点を返されるが
      ボトム陣を中心に堅いDFを見せる
   すると後半ATの#55米田得意のクリース前、裏からと
    キレキレの動きを見せ立て続けに2点を決め3-1とする

          SCORE
          3-1

           2Q
   試合は第1Qの流れを受け京産ペースで運ばれる
   3分にAT荒木が持ち味を生かして4点目をさわやかに決める
  DFも増田、井上、岩澤を中心に炎のDFで相手につきえるすきを与えない
すると後半MFの#98巴山隊長の激マンから相手のファウルを誘いエキストラのチャンス
  を貰うとつかさず#22仲井がランシューで5点目を決め差を4点に広げる
    最後は村井、谷川が世にも奇妙な珍プレーを見せたところで試合終了

         SCORE
         5-1


 

PR
京都産業大学 VS 日本福祉大学

        10-6

          得点者

          #1西田×5
         #14三井×2
         #51荒木
         #88入澤
         #15井上



Starting Member
Position Name Number Year
G 天羽一真 #21
DF 岩澤巧 #6
  大塚慎太郎 #2
  谷川大介 #66
LMF 島尻佑亮 #89
  木戸口健太 #19
MF  巴山博貴  #97  4
  野崎将太 #4
  仲井琢磨 #22
  村井浩樹 #73
  入澤貴章 #88
  森本太介 #18
  井上展嘉 #15
   岩崎祐磨  #33  2
 AT 三井恭平 #14
  西田憲二 #1
  荒木啓次郎 #51



Position Name Number Year
G 竹端信仁 #26 2
DF 井上晋 #40
  増田啓 #17
  野田智彦 #38 2
AT 米田大介 #55


1Q
対戦相手は昨年の東海王者日本福祉大学
緑の芝生が輝く宝ヶ池で15:00Face Off
まず仕掛けたのは京産
ポゼッションから#88入澤がクリース前で絶妙なパスを受け取りショット!
が、おしくもポストに当たり先制点を逃してしまう
すると今度はDFの一瞬の隙をつかれ日福に貴重な先制点を許してしまう
その後を危ないシーンが見えこのまま流れを持っていかれそうな京産だったが
後半13分、再度クリース前で入澤がボールを受ける
それを今度は確実に決め1-1とする
さらには直後に#51荒木も相手DFの裏を取り追加点を奪い
2-1とする

SCORE 
2-1

2Q
第1Qで試合のペースをつかみかけた京産に見えたが
Q開始直後、日福OFに点を決められあっさりと同点とされる
その後も京産はDF時間が増え苦しい時間が続く
第1Qではボールをまさかのクロスの反対の面でキャッチし
そのままボールを運んでしまおうとしたMF隊長#97巴山を中心に
MF陣も運動量でカバーするがなかなか攻めきれない場面が続く
後半にも追加点を許してしまい1点ビハインドでハーフタイムへ

SCORE
2-3

3Q
試合のリズムをつかまれてしまった京産は
3分、5分と日福にまたもや追加点をうばわれ、差を3点に広げられてしまう
このままずるずるいってしまうのかと思われたが
その直後頼れる3回生AT#1西田が1点を返しようやく息を吹き返した京産
流れを受けた2回生MF#15井上も1ON1から得意のランシューを決め
チームをどっと盛り上げる
京産のエースU22#14キング三井も1点を決めるが
いづれリードを許す展開となる

SCORE
5-6

4Q
OFのリズムをつかんできた京産はこのQ一気にたたみかける
開始早々AT西田がゴール前でボールを貰い1点を返し同点とすると
その後にも西田、三井と見る者を興奮させるようなパスラクロスで点を決め逆転に成功する
そうなるとこのATコンビはもはや誰にも止められない
後半にも西田が2点を決め完全に試合を決める
DF陣もスタンドから応援する彼女を意識しつつ奮闘するDFリーダー岩澤を中心に
堅い守りを見せこのQ無失点
終わってみれば10-6で試合終了

SCORE
10-6



本日のMIP(Most Impressive Player)コーナー

今日のMIP

#1 AT西田憲二
チャンスで確実に決め、5得点を叩き出し
チームを引っ張り大きく貢献した。
パスラクロス度☆☆☆




   京都産業大学 vs ヘルプ

             
3 - 16 

           得点者
             #1西田×2
            #88入澤


   starting member
Position Name Number Year
G 天羽一真 #21 3
DF 増田啓 #17
  井上晋 #40
  野田智彦 #38 2
LMF 島尻佑亮 #89 3
  木戸口健太 #19 2
MF 巴山博貴 #97 4
  入澤貴章 #88 3
  仲井琢磨 #22 3
  井上展嘉 #15 2
  岩崎祐磨 #18 2
 AT 西田憲二 #1
  米田大裕 #55 3
  荒木啓二朗 #51 3

reserved member

Position Name Number Year
MF 森本太介 #25
  米野卓也 #41
  後藤光 #7 3
 AT 岡留克也 #16
  大原章寛 #99


       1Q
  
初夏を思わせるような暑さの中二件茶屋でvs社会人チームヘルプ
          13:45分Face of
  試合開始のFace of からヘルプにボールを奪われ
京産のチェックアップミスが絡み、開始早々簡単に先制点を許してしまう
 すぐに点を取り返したいとこだが、相手のポゼッションからボールを奪えず
   DFの時間が永遠と続いていく・・・
 逆に完全に試合の主導権を握ったヘルプは
1on1、カットプレーなど、匠な攻めでこのQ4点を叩き出す
 京産は一度もまともなOFが出来ないまま第1Q終了


    SCORE
     0-4

   2Q
なんとかOF時間を増やしたい京産だが流れは第1Qと変わらず
  DFの時間が多くなる
風格の出てきたG天羽も度重なる相手からのショットを
 幾度もファインセーブするが、6分に追加点を許す
 そんな天羽のチェイスやクリアから京産は反撃したいところだが
  つまらないパスミス、グラボミスからすぐにボールを奪われ
  後半2点を奪われる
京産はこのQもわずか2本のショットしか放てず
  無得点のままハーフタイムを迎える

   
SCORE 
   0-7

  3Q
 流れを変えたい京産はこのQにきてやっとOFの形を作れ出す
前半6分、トップからゴール裏でボールを受け取った#51荒木が
  DFの裏を取ってフリーになった#1西田を見逃さずパスを出し
   これを西田がクイックで確実に決め
  第3Qようやくこの試合1点目を叩き出す
 勢いをつかみかけた京産はその後#88入澤が1on1からDFをかわし
 2点目を決めるも、社会人チームヘルプの勢いを止められず
   さらに4点を追加され2-11とされる

   
SCORE
   2-11

    4Q
 差を縮めたい京産だが、いずれつまらないミスが目立つ
  両チーム疲れが見え始め、GBの回数も増えるが
 人数をかけても拾い切れず、さらにはチェックアップミスからの失点など
   まずいシーンも目立つ
 DF陣も踏ん張りを見せるが、6分、7分、10分と立て続けに追加点を決められ
   後半にも二点を入れられこの試合16点を奪われる
京産は#1西田のミドルの1点にとどまり試合終了

    SCORE
       3-16

本日のMIP(Most Impressive Player)コーナー

今日のMIP

  #1  AT西田憲二
 
二点の得点、さらにわクリア、ライド、ATながらDFにも貢献するなど
  幅広い活躍を見せた


 
 #21 G天羽一真
 
幾度となく浴びせられたショットを何度も止め
 チェイスも毎回全力で取りにいくなどチームに大きく貢献した
影のファインプレー度☆☆☆

 




 

  

京都産業大学 vs 立命館大学

 5 - 9

得点者
#11奥山×3
#1西田
#41米野



starting member
Position Name Number Year
G 天羽一真 #21 3
DF 谷川大介 #66 4
  大塚慎太郎 #2
2
  野田智彦 #38 2
LMF 島尻佑亮 #89 3
  木戸口健太 #19 2
MF 巴山博貴 #97 4
  入澤貴章 #88 3
  村井浩樹 #73 3
  井上展嘉 #15 2
  森本太介 #18 2
  米野卓也 #41 2
  岩崎祐磨 #83 2
 AT 奥山亮太 #11 4
  西田憲二 #1 3
  荒木啓二朗 #51 3

reserved member
Position Name Number Year
G 竹端信仁 #26 2
AT  岡留克哉 #16 2
  米田大祐 #55 3


1Q
対戦相手は2週間後の交流戦の相手立命館大学。
夏日となった桜舞い散るBKCで10:15Face off。
序盤から京産はつまらないミスが続き全くと言っていいほど
ポゼッションできず、長いDF時間が続く。
すると5分、ハーフ辺りでのクリアミスを相手ロングに拾われ、そのままブレイクで
1人で持ち込まれショットを決められ先制点を許す。
終了間際には相手AT#5梅原に1on1から追加点を許し1Q終了。
京産はこのQわずかにショット1本を放つにとどまった。

SCORE 
0-2


2Q
試合は徐々にブレイク合戦になり、
京産はAT西田が何度か決定機を迎えるも決め切れない。
すると8分にチェックアップミスから失点し3点差に広げられるも、
MF仲井の1on1からのパスを最後はようやくAT西田が決め、
さらにAT奥山が1on1から得点し、京産は息を吹き返したかに見えたが、
14分、15分に相手AT梅原に立て続けに追加点を許し2Q終了。

SCORE 
2-5

3Q
ようやく試合も落ち着いてきてリズムが出てきた京産は
3分、6分とAT奥山が立て続けに得点し1点差に迫り、
DFもMF陣が1on1で崩されるも#66谷川、#89島尻を中心に
ロング陣が上手くカバーするもやはりAT梅原を止め切れず、
この日4点目を許してしまう。

SCORE
4-6

4Q
ブレイク合戦と暑さの影響からか両チーム明らかに足が止まり運動量が落ちる。
京産は開始早々にブレイクから失点すると、
4分、8分にもつまらないミスから失点し、追加点を許す。
2回生MF米野が得点するも時すでに遅し。
最後まで主導権を奪えず試合終了。
2週間後の交流戦に向け課題の残る内容、結果となった。

SCORE
5-9



本日のMIP(Most Impressive Player)コーナー

今日のMIP
#11 AT奥山亮太
少ないOF時間の中、放ったショットえお全てを決め切り3得点。
ライド時の運動量、守備も◎

#22 MF仲井琢磨
ミスばかりが目立ったMF陣の中、得点こそ奪えなかったものの、
得意の1on1から相手DF陣を崩しアシストも記録。
GB,クリアでも目立っていた。



京都産業大学 VS 京都大学

       7-3

      得点者

     #1西田×3
     #51荒木×2
     #22仲井
     #16岡留




    Starting Member

Position Name Number Year
G 天羽一真 #21
DF 谷川大介 #66
  大塚慎太郎 #2
  野田智彦 #38
LMF 島尻佑亮 #89
  木戸口健太 #19
MF  巴山博貴  #97  3
  入澤貴章 #88
  仲井琢磨 #22
  村井浩樹 #73
  井上展嘉 #15
  森本太介 #18
  米野卓也 #41
   岩崎祐磨  #83  1
 AT 奥村龍太 #11
  西田憲二 #1
  荒木啓次郎 #51

Reserved Member

Position Name Number Year
G 竹端信仁 #26
AT      
  岡留克哉 #16
  米田大祐 #55
  大原章寛 #99



戦評


          
1Q
    春の訪れを感じさせるような快晴のもと
       13:00Face Off  
 試合開始早々、味方のパス回しからクリース前で#89島尻がフリーになり
       絶妙なパスを受け取る
誰もが先制点を確信したが、なんとショットはゴールから外れ惜しくも先制点を逃す
   すると今度は逆に京都大学が得意の1ON1から京産DFを抜き
       京都大学に先制点を奪われる
攻撃の流れを掴みたい京産はFace offから#89島尻の拾ったボールを
    #1西田が受け取り確実にゴールへ押し込み同点とする
   その後も西田が2点目、荒木が3点目を決める
    京都大学は幾度とショットを放つも決め切れず
      3-1で第1Q終了

          2Q
このQは京都大学が1点をいれるも両チームなかなか点を決められない
     お互いエキストラなどで再三チャンスをつかむが
    パスミス、クリアミスなどのミスも目立ち
     なかなか思うように攻められない
   DF面でも京産はMF陣が綺麗に1ON1をスコ抜きされまくり
 中でも#41米野はこの日のスコ抜きランキング一位というひどい結果を残す
   そして3-2のままハーフタイムに行われる魔のクロスチェックを迎える

          3Q
     ハーフタイムに行われたクロスチェック
  京産の#89島尻の自慢のクロスがイリーガルクロスと判断され
  京産は第3Q開始早々三分間のエキストラDFから始まる
      人数が一人少ない京産だが
  プライベートでは今だ片思いが続いている#18森本の頑張りも有り
      何とかこの三分間を無失点で切り抜ける
戦場に復帰した島尻も急きょ用意した黄色いクロスをブンブン振り回すが
       全く似合っていない、、、
 山場を乗り切った京産はその後攻撃の流れをつかみ
   #51荒木、#1西田、#22仲井と、このQ3点を奪う
  京都大学に一点を入れられるも6-3とし
     3点リードで第4Qへ

          4Q
     第3Qでは攻撃の流れを掴んだ京産だが
    このQでは勢いが止まり、次第のDFの時間が長くなる
  京都大学の1ON1からの攻撃に何度も冷汗が出る中
    G天羽は京都大学のショットをダイビングセーブするなど
     ゴーリーからチームを盛り上げる
 それにDFの#2大塚も答え、やいやいと大きなアゴをパクパクさせ盛り上げる
    するとQ終了間際#16岡留が自慢のフィジカルを活かし
     京大DFを振り払い通過点を叩きだし7-3とする
   試合には勝ったものの多くの課題を残したまま
       ここで試合終了

   




   

<< 前のページ 次のページ >>
Calendar
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Coment
[09/12 ヤマダ課長]
[09/05 むらた]
[09/01 むらた]
[01/25 Sesso]
[01/25 Sesso]
Ba-Co-Do
忍者ブログ [PR]